脱力日記

脱力おばさんの思い出話やつまらない日常を綴るブログ

老化のつけられた記事

加齢とは、もともと弱いところからやってくる件

いつものように、気の滅入る話しか、ない。 弱いところから弱る 年を取ると、「もともと弱いところ」から、弱ってくる。 これは、本当だ。 経験談だから、信用してもらっていい。 「若くない人」は、知っているから、どうでもいいという話なのだが。 もともと強いところは、けっこうもつ 「体のあらゆるところが同じように丈夫な人」というのは、いないだろう。 みんな、どっかは強く、どっかに弱点がある。 年を取ると…

他人の元気さに驚くしかない件

他人の元気さに驚くしかない件 muragonには、じわじわと、ご新規さんが増えているようで、運営も順調なようだから、よかったな、と思う。 muragonは、無料サービスの中では、わりと堅実なサービスだから、これからもっと、利用者が増えて、栄えるといいなと、思っている。 気力体力に優れた人たち 最近目立つのは、やっぱ…熟年不倫に燃えているブログ、とかかな。 前にも書いたけれども、当方だって、年齢カ…

不倫と体力

芸能界と政界に多いのか? 芸能界とか、政界では、人々は、けっこう不倫をしているようである。 …しかし、それは、もともと目立っているから、バレやすいので、「そこらへんの人は、けっこうしている」と、思われてしまうだけなのかもしれない。 が、そうではなくて、そこらへん界隈では、本当に、不倫率が高いのかもしれない。 どっちの界隈にも、参加してみたことがないので、わからない。 「一般人界隈」には、ずっと参…

ああ老眼

老眼が来た 老眼というのは、こんなに急激に進むものだったのかと、驚いている。 2年くらい前には読めていたものが、もう読めない。 たぶん、ここ1年くらいで、急激に進んだのだと思う。 なんらかの製品の使用方法とか、禁止事項なんかもそうだし、特に、食品の保存方法とか、期限というのは、命にかかわるから、けっこう、生存の危機を感じる。 損をしたような気がするとき 美容院や、病院で、雑誌を読むのに苦労する。…

つまらない夏

夏がつまらなくなった 年をとるというのは、夏がつまらなくなるということだったんだな、と思う。 もともとの話が、蒸し暑い日本の夏が、そんなに楽しいわけがないのだが、この年になるまでは、つらいはずの夏でも、それなりの「楽しみ」というものは、あったかもしれない。 自分というお人形さんで遊んでいたころ 今思えば、夏が「ちょっとでもいいな」と思ったのは、ほぼ、30代までだったと思うが、どうしてかと言ったら…

ヒトの体の耐用年数は、だいたい50年

人体は、どれくらいもつようにデザインされているのか 無機物に耐用年数があるように、ヒトの体も、「耐用年数だいたい何年」というふうに設計されているんじゃないかな、と思う。 もちろん、大事に使えば、耐用年数以上に使えるし、逆も真なり。 それにしても、100まで生きると宣言し、そのために、酸素ベッドまで使用していたマイケル・ジャクソンのような人が、半分くらいしか生きられなかったというのは、皮肉なことだ…

身なりに構わない~老いと見栄~

どう見えていても、あまり関係なくなる 他人からどう見えているかを気にしなくなってから、何年たったのか、よくわからない。 たぶん…40歳までは、けっこう気にしていたんじゃないかと思う。 30代のころだったと思うが、地下鉄に乗っていたら、向かいの席のおばあさんのズボンの下から、モモヒキが見えていた。 …そのときは、そういうのを不思議に思っていたので、どうして平気なんだろうと、思ったものだった。 今は…

新しいことができない~老いと学習能力~

学習能力がなくなってくる 年を取ると、変化に弱くなる。 個人差はあるけれど、だいたい誰でもそう、若いころと比べたら、新しい何かが疎ましくなる。 「前と同じことをしていたい」 この前、ある人に、 「新しいことを覚える気はない、今後も、前と同じことしか、やる気はない」 と言われ、愕然としたという事件があった。 その人には、加齢以外にも、健康上の理由があるということなので、ご本人は、「そっち」のほうの…

治らない~老いと回復力の非親和性~

とにかく、なんでも、治らない 年を取れば取るほど、いろんなものが治らなくなってくる。 ずっと治らない、という場合もあるし、なかなか治らない、である場合もある。 とにかく、前と比べたら、治らない。 感染性のものや、なんらかの病気、こういうものも、一度「具合が悪い」と思ったら、以前と同じような療法をしても、同じ速さでは治らなくなる。 ケガ ケガ、これもそう。 なかなか治らない。 私は今、2月から治ら…

老いと欲

老いると、欲が薄くなる 老いるということは、簡単に言うと、「いろんな欲が薄くなる」ということなんだな、というふうに思った。 普通は、そうだろうと思う。 そうじゃない人、年を取っても、いろんなものが欲しくて、ギラギラした人とか、いるけれど、自分が年を取ってみると、そういう人は、心の底から、「すごいなあ」と思う。 自分の親なんかを見ていても、そうだけれども、結局は、「年をとっても、最後まで残る欲」の…

老いはいつから始まるのか

45歳を境にがらっと変わる 40歳を過ぎたら、10年というのは、非常に短い。 何をしていたのか、よくわからないうちに、ああ、10年経っていたのか、と。 その同じ10年の間に、6歳の子は、16歳になって、形も内容も、まったく変わってしまっているのに。 白いまつ毛がいつ生えたのかが、わからない 40歳というのは、まだ元気だけれども、たぶん、45歳を過ぎると、「老い」というのは、どどっと来る。 白いま…