脱力日記

脱力おばさんの思い出話やつまらない日常を綴るブログ

その他のつけられた記事

時代劇は、なんのために流行り、愛好されたのか

時代劇ブームは、怨霊鎮めだったのか? 日本の文化は、怨霊を鎮めるために、発達してきたんだと、そういうふうに考えると、いろんなことが、つじつまが合うじゃないかと、まあ、そういう話で、それは、否定できない事実だろう。 そうなると、ふと思ったのだが、戦後の「時代劇ブーム」とくに、シリーズもののTVドラマというのも、その文脈で、説明できるものなのではないのだろうか。 どうして今まで、そういうふうに考えな…

三つ子の訛りは、百までな件

うちのお母さんは、ぜんぜん訛っていた 私は、子供の頃から、長いこと、「ウチの母は訛っていない」「標準語をしゃべる」と、思っていたのだが、実際には、ぜんぜんそうではなかったのである。 母は、大阪よりも、けっこう西のほうで生まれて、そして、大阪よりも西に住んでいたのは、20代後半までだったのに、さらに、関東に住んで、もう50年近くになるというのに、言葉のアクセントというのは、やっぱり、生まれた土地で…

ああラーメン

ああラーメン 私は、ラーメンブログというのが、けっこう好きで、最近は、こちらさまを、こっそり見せてもらっては、楽しんでいる。 ラーメンは、好きなのだが、探して食べ歩くということまでは、する気にならないので、他人の食べたものを見て、それなりに満足しているのである。 男と付き合うと、行きつけのラーメン屋に連れて行かれる 日本の男が、ラーメン教の信者だというのは、本当で、付き合う男は、だいたいみんな、…

もしも、こんな世界になったら

もしも、こんな世界になったら 商店街で、信号待ちをしているときに、ふと思ったのだが、「もしも、匂いに色がついていたら、面白いのにな」と。 色のついた匂いというのは…ないわけではないが、何かが燃えているときしか、ないし、普通は、匂いだけで色がつくということは、ないよな…。 人がいっぱいいて、いろんな匂いがするような商店街の「匂い」が、可視化されたら、かなり面白いことになるし、どんな匂いが、どの系統…

みんないろいろあるんだな~リスク恋愛を考える~

みんなけっこう、いろいろあるんだな 前の記事(他人の元気さに驚くしかない件)に書いたように、muragonには、不倫ブログとか、過去の恋愛関係特に婚外恋愛を語る女子のみなさんが、けっこういるので、ときどき、他人のブログを見て、へーと思ったりしているのである。 みんな、けっこういろいろあったんだなあ、みたいな。 私は、よく知らなかったけれど、不倫経験のある人って、そんなにいたんだな、みたいな。 私…

ボケたらやってしまうかもしれない

初夢 初夢で、明晰夢を見た。 前にも言ったように(定番の悪夢その2)、明晰夢は、よく見るのだが、今回のは、ひさびさな感じであった。 明晰夢 あっこれは夢だ、と思ったときには、どこかのビルの中にいたのだが、そこには「回廊式の階段」が、あった。 洋画とかに出てくるような、ぐるぐるしていて、真ん中が空間になっていて、下が見えているような階段。 私は、「これは夢だ」と思ったので、何をしたかというと、何か…

「開かずの間」問題を考える

綿ボコリが可愛いと思う訳 田舎の家というのは、都会の家と違って、余裕があるから、一部屋を潰して、納戸にしていたりする。 それはなんか、けっこう2階だったりするので、「重さ」とかを考えたら、アレな感じなのだが、なぜか、そうなんだな。 子供のころに、母の実家に行ったときに、そういう部屋に入ったことがある。 2階にあって、母が若いころに読んでいた本があるというから、行ってみたのだが、本だけではなく、ま…

八王子といえば

出張しても、ブログネタの確保に励むムラゴンエンジニア 前にも言ったように、ネタに困るときは、ここに行く。 見ているだけで、げっぷが出てくるというか…やっぱ、若いっていいな、みたいな。年齢とか、知らないけど。 それにしても、muragonのエンジニアともなると、出張しても、あんまりのんびりしてはいられないというか、行く先々で、スマホで写真を撮って、あとでブログのネタにしようと思っているとか、撮り忘…

ネトウヨの衛生感覚は狂っている件

ビロウな話が苦手な人や、食事前の人は、さらっとパスのこと。 何が不潔なのか ネトウヨは、中国や朝鮮が不潔だといって、いろいろ言うのだが、これはまさに「結論ありき」の話であって、最初から、「どうしても、不潔だと思いたい」という「強い思い(ぷっ)」があって、そのために、有り得ない強引なデマを、次から次へと、持ち出しているようである。 ほかになんか、やることはないのかと思うけど、ないみたいで、せっせと…

自由なフィリピンの笑撃

「パトカーも通行人もスルー」の衝撃 私は、フィリピンには、ちょっと興味があるので、アキ爺さまのフィリピンブログは、興味深く拝見している。 とても参考になる。 今回は、えぐいものを見せていただいて、のけぞってしまったのだが、なんでもそうだけど、観光客やよそ者の勝手で、ご当地を美化するのは、よくないから、これくらいに現実を見せてくれたほうが、いいのかもしれない。 ただ、この画像が、運営に見つかって、…

切り札と矜持

切り札を使う人 衝撃の過去、とか、隠していた素性、とか、なんかそういうの。 そういうのを持っている人は、けっこういるかもしれないが、出さないままの人と、ずーっと黙っていて、おもむろに出す人がいる。 問題は、「出す人」で、その「出し方」が、けっこう気になったりする。 誰かを叩くための「保険」 最近びっくりしたのは、ある人が、誰か「みんなが気の毒に思っていて、なかなか叩けない相手」を、批判するために…

定番の悪夢その2

定番の悪夢その2 さて、中国からの帰還兵の件で、前にも書いたけれども、「自分の定番の悪夢」というのを、もっと思いだした。 残業 けっこうな残業をしてしまってから、残業の申請をしていなかったことに気がついて、タダ働きをしてしまったと思って、激しく後悔をしている夢。 これは、現実には、何度かはあったと思うけど、ここまでしつこく夢に見るほどとは、思えないので、どうしてなのか、わからない。 ヘルメット …

夢とボケ~罪悪感の正体を探る~

ボケた帰還兵たちの奇行 ある人のブログで、かなりすさまじい話を読んだ。 戦争中に、中国に派遣されて、帰還した兵士が、普通のお父さんとして、無事に務めを終え、80や90になって、すっかりボケて、老人ホームに入る。 すると、いきなり廊下を走り出したり、土下座をして謝っている人が、よくいる、というのだ。 ボケているのだから、自分では、何をしているのかは、わかっていないのだろう。 お医者さんによれば、そ…

理屈じゃない

理屈じゃない世界 世の中には、理屈が通じない人のほうが、多いのだということには、なかなか気がつかなかった。 それは、どうしてかというと、たぶんだけど、私は、若いころから、「理屈で動いている世界」に、長く居て、「1+1は、2です」ということが、10人中の9人までは、通用するような、そういう環境で、ずっと、過ごしたから、だろう。 そういうほうが、特殊なのだということに、気がつかなかったのだ。 だから…

ウソのような本当の話

ウソのような本当の話 アメリカの犯罪ドラマ顔負けの大量殺人犯。 日本にも、本当にいたとは。 【話題の記事】神奈川県座間市のワンルームアパートで女性8人、男性1人の頭部や骨が発見された事件。犯人逮捕の裏には兄の執念の捜索と、協力した女性の勇気ある行動がありました。 https://t.co/ABuPZ6aR2K #日刊ゲンダイDIGITAL — 日刊ゲンダイ (@nikkan_gendai) 20…

命懸けの投票

怨霊の持ちたる国で、投票す 昔、加賀は、「百姓の持ちたる国」と言われたが、そもそも日本は、「怨霊の持ちたる国」である。 悪霊岸信介の霊が荒れ狂う中、私は、愛川欽也の霊よ、菅原文太の霊よ、どうかこの体を、無事に投票所まで運びたまえと念じつつ、一歩一歩、滑って転ばないように気をつけながら、前に進む。 当方では、投票所までの道のりが、かなり険しいので、今日などは本当に、「無事に辿りつけなくてもおかしく…

拉致被害は、在日米軍の責任である

矛盾 本当に不思議だなと思うのは、「拉致被害者を取り戻せ」と言っている人たちが、同時に、アメリカが北朝鮮を軍事攻撃して金政権を滅ぼすという「プラン」について、文句を言わないとか、逆に、賛成しているということだ。 そんなことをされたら、拉致被害者なんていうのは、まっさきに、アメリカ人の囚人たちと一緒に、金一家の半径50mくらいに集められて、金政権を守るための「人間の盾」にされるに決まっているではな…

安倍普三と金正恩の「役割」は、同じだと思う件

北朝鮮は、本当に中国に逆らっているのか 私には、やっぱり、金正恩政権下の北朝鮮が、本当に中国の言うことを聞かなくなって、逆らっているというふうには、思えないのである。 ウィキペディアには、北朝鮮の核開発の「理由」については、こういうふうに書いてある。 このような国際社会の苦悩にもかかわらず、北朝鮮が核開発を継続する理由には、冷戦崩壊後も朝鮮戦争が「休戦」状態で継続している一方で中華人民共和国との…

われわれは、劣化して、「悲しい民」になるのだろうか

ヒトは劣化している 生活が便利になればなるほど、ヒトとしての質が下がって、劣化していく。 昔の人は、紙が貴重だったから、毛筆みたいな書きづらい道具でもって、「書き損じ」が少なく書けた。 すごいと思う。 さらに、机の上で書くばかりではなくて、立ったまま、腰から道具を出して、片手に紙を持って、筆でサラサラと書いていたりしたらしい。 すごいと思う。 自分には、とても、そんなことができるとは思わない。 …

「治ってないのに通常運転」のセクハラ変態ジャーナリスト

治ってないのに通常運転でいいのか 前にも書いた「セクハラ変態ジャーナリスト」の件(厚顔無恥なセクハラ男、ツイッター凍結解除への協力を要請 - 脱力日記)。 「市民運動界隈」がもみ消しに協力 だいたい、この記事を見ても、「運動界隈」が全面的に「もみ消し」に協力をしていたことは、明白である。 その界隈が、「身内に甘いもみ消し傾向」なのは、3年前の内ゲバリンチ事件の件でも、同じだったから、やはり、そう…