脱力日記

脱力おばさんの思い出話やつまらない日常を綴るブログ

芸能人のおしどり夫婦は、もう信用できないと思う件

今までのことは、なんだったんだ…


私はなんかもう、芸能人のおしどり夫婦というものが、信用できなくなった。
船越と松居のカップルというのは、おしどりをウリにして、稼いでいたというだけの話、だったのではないのか。途中からは。
この夫婦の仲の良さは、さんざんにテレビで見せつけられたが、あれも全部、金のためだったのかと思うと、非常にまあ、アレな感じがしてくる。
芸能人夫婦の仲の良さなんか、もう、絶対に、信じないぞ、と。

ゴチで急遽代役

松居一代というのは、たぶん数年前だったと思うが、船越の急病で、ナイナイのゴチのピンチヒッターとして、セーラー服を着て、登場したことがある。
急な代役で、ロクな打ち合わせもしていなかったようで、終始目が泳いでいたし、面白いことは、何も言わないし、しなかったのであるが、それでも「船越の愛妻である」ということでもって、それでも、もったわけ。
…もしかして、愛妻ちゃうかったんやない?あのころから?

夫が買ってくれたキッチン

さらに、松居は、お掃除番組で、自分の家の台所を撮影させ、その際に「私が最も大切にしているものは、夫が買ってくれたこのキッチンです」みたいなことを、言って、さんざん、のろけていた。
…もしかして、もう、仮面夫婦やったんやないの?あのころから?

「守護霊が結びつけた」

さらに船越のほうも、数年前だったような気がするが、霊能者のエハラの番組で、松居との馴れ初めを、しんみりと語り、エハラから、それは守護霊の後押しがあったからだと言われて、涙混じりに、うなずいていたものである。
なんでも、松居と飲み屋で初めて会ったときに、船越は、話をしているうちに、寝てしまったのだそうである。
安心してしまって、いつの間にか、寝てしまったのだという。
もちろん、「泥酔していたから」とか、「松居がウザかったから」などとは、言わない。
エハラは、心得たもので、「守護霊が、松居との縁のために、寝させたんだ」と。
…もしかして、浮気してたんやないの?あのころから?

「オヤジが褒めてくれた」

その番組だったような気もするが、船越は、松居との結婚について、
「おまえの人生で、最もいい選択だった」
と、父親が褒めてくれたと、語ったのである。
本当かどうかは、知らないが、確か、船越の実家と、松居の関係は、最悪だったという話では、なかったっけ…。



どうでもいいが、これだけ長い間、これだけの濃度で、おしどり夫婦をウリに、稼がれた挙句、ガッツポーズで離婚をされると、見ているほうは、ただ取り残されて、どうしたらいいのか、わからない。

話題が作れてホクホク…?


いっぽうのルイルイは。
妻の浮気は、だいぶ確実らしいのだが、離婚はしないという「神対応」。
明るくルイルイたって、そもそも「ルイルイを知らない人」も、だいぶいるんじゃないのか。
私は、リアルタイムで見ていたわけだが、この人は、もともとは、「不良少年キャラ」で、売り出したのである。
セクシーな感じを、目指して、熟女ファンのハートをがっちりつかもうとしていたんだろうと、思うけど、そこらへんに、わりと、計算違いがあったというか、本人が、そんなにセクシーじゃなかった…ということだったんじゃないのかなあ。
今では、56歳の妻にまで、浮気をされているとか…。
……。
太川陽介で、私の記憶に残っているのは、なんらかのドラマで、たぶん、橋田壽賀子系だったような気がするが、当時、20歳くらいだった太川が、美人教師と恋愛関係になってしまう高校生を演じたという、アレかなあ。
太川は、教師との関係を、家族に責められると、先生を本気で愛しているといい、「朝まで抱いて眠りたい」と、お父さんやお母さんに向かって、真顔で言い切るのである。
…あんな恥ずかしい役は、いくらお金を積まれても、やる気はしない…と言うか私は、男でもないし、俳優でもないのだが。
…太川陽介58歳にも、そんなころが、あったのである。
まあそんな、ルイルイだが、奥さんが浮気をしていないと信じているとか、だから離婚しないとか、そんなもの、私は、信じない。
なんといっても、船越×松居夫婦の例があるから、芸能人のおしどり夫婦を信じる気には、もう、あと100年くらいは、なれそうもないのである。