脱力日記

脱力おばさんの思い出話やつまらない日常を綴るブログ

セクハラ大国日本2

日本の男の評判は、どこまで下がるのか


私は、「歩く証拠」である

まあわたくしは、日本の男がダメだということの「歩く証拠」であって、頼まれれば、いつでも、国際舞台に出て行って、「日本人の男というのは、あまりにもダメなヤツばっかりだったので、コイツらの子供なんか、産んでやるものかと思い、結婚も出産もしないまま、この年になりました」などと、証言をする気は、あるのだが、誰も、証言をしてくれと頼んでこないので、しないだけ。

これ以上下がりようがないほど下がっている「日本の男の株」

日本の男というのは、世界では、ものすごく評判が悪い。
知られているのは、
「チビだ」
「ブシドーだから、発狂してセップクする」
「男尊女卑」
本当に、それだけよ。
さらに、上のようなことが、続けば、もう、「日本の男の株」なんてものは、下がるところまで下がっていて、どうやっても、上がらない。
無理にでも上げる方法は、「自国の女」に尽くして、「日本の男?よくはないけど、まあまあよ」というふうに、言ってもらうことしか、ないのだが、日本の男というのは、それは、絶対にしない。
だから、出生率が下がり放題ということは、外国の男は、よーく観察していて、そして、日本の女を、狙っているのである。


まっそんな、ペンペン草も生えないような、すさんだ国で、あと20年か30年か知らないが、なんとか過ごさなければならないので、わたくしは、本当に、運が悪いなあと、思っているのである。