脱力日記

脱力おばさんの思い出話やつまらない日常を綴るブログ

貴乃花部屋の力士は、今後は襲われないだろう

取りあえず言えることは、貴乃花部屋の力士は、今後は襲われない、ということ

騒ぎになっている相撲の件。

店内に居た目撃者による、詳しい目撃情報が載っている↑
これを読めば、事情がわかる。

もともと酒癖が悪い


なるほどね。
朝青龍も、そうだったけど、なんだろうな。
もしかするとだけど、モンゴル系の人は、アルコールに弱いとか、あるのかもしれないが、私にはわからない。

貴乃花が「暴走」?

そして、「貴乃花が"暴走"している」という表現を、よく見るのだが、それは、おかしな解釈だろうと、思う。
弟子が、よその部屋の横綱に乱暴をされた場合に、話がつかなかったから、泣き寝入りをするのをやめて、出るところへ出ても、守ってやると、そういう、シンプルな話ではないのか。
普通の親方だったら、相手が横綱ならば、泣き寝入りをするんだろう。
が、貴乃花の場合には、自分も、花形横綱だったわけだから、相手が現役の横綱だからといって、折れる必要もないと、思ったんじゃないのか。
というか、たぶんだけど、協会に持って行ったら、「泣き寝入りをさせられる」というふうに思ったから、警察を優先したという話じゃないのかな。
そんな気がするけど。
だとしたら、普通に、立派な親方ではないか。
「協会の椅子を巡る権力争いだ」などと、見当違いのことを言われて、自分が叩かれても、弟子を守ると。
つまり、こういうことだろう。
今後、どんな横綱も、貴乃花部屋の力士にだけは、手を出さなくなる。
そうだよね。
そのために、自分が盾になって、体を張ったんじゃないのか、貴乃花は。
それを「暴走」と呼ぶのは、普通に、「興業への影響ばっかり気にする協会」におもねっている、そういう話だと思う。

「体質調査」もしたほうがいい

個人的には、日馬富士は、引退するべきだと思う。
そして、朝青龍の件もあったことから、モンゴル力士に、酒乱の人が多いのかどうか、もしかして、アルコールに弱い体質の人が多いのかどうか、そういうのも、きちんと、医療関係者に、調べてもらうべきだろうと、思う。
「モンゴルの力士は、乱暴だ」、というような偏見が、これ以上広がらないためには、そこまでしたほうが、いいと思う。