脱力日記

脱力おばさんの思い出話やつまらない日常を綴るブログ

みんないろいろあるんだな~リスク恋愛を考える~

みんなけっこう、いろいろあるんだな

前の記事(他人の元気さに驚くしかない件)に書いたように、muragonには、不倫ブログとか、過去の恋愛関係特に婚外恋愛を語る女子のみなさんが、けっこういるので、ときどき、他人のブログを見て、へーと思ったりしているのである。
みんな、けっこういろいろあったんだなあ、みたいな。
私は、よく知らなかったけれど、不倫経験のある人って、そんなにいたんだな、みたいな。

私はとにかく、面倒なことが嫌いで、特に、人間関係の面倒なのは、何よりも嫌だから、そういうものは、回避できる限りは、回避してきたために、不倫をするなどという選択肢は、最初から、ゼロであった。
どうしてそんな、面倒なことを、わざわざ、自分から。
そう思っていたから、しようと思えば、できたと思うけど、「しよう」という気が、なかった。
そういえばだけど、妻子持ちの男に口説かれたこととかは、一度もないな。
だからやっぱ、当時の自分は、「不倫拒否マーク」とかが、全身に書いてあったんじゃないか、という気がするのと、不倫願望のある既婚男たちは、たぶんだけど、「拒否マークの独身女」は、察知して、スルーをしているんじゃないんだろうか。

タスキをかけたいと思った

一度、ずいぶん年上の人と付き合っていたころは、相手が独身だったのに、どこに行っても、不倫カップルのような目で見られるから、それが嫌で仕方がなくて、結局は、そんなに続かなかった。
「私たちは、不倫ではありません」とか書いて、タスキでもかけようかと思ったくらいであったが、そういうことをすれば、頭がおかしいと思われてしまうから、できなかった。

誰が悪いのか

最近は、高齢童貞や、生涯非婚率が話題になっているが、既婚男が、これだけ、女を独占していれば、そのぶん、余る男が増えるというのは、当然の話である。
そもそも、医療の発達によって、男の数と女の数は、一致しなくなって、男のほうが、いくらかは余るようになっているのである。
さらに、余裕のある既婚男が、独身の若い女にまで手を出せば、独身の男というのは、もっと余るに決まっている。
だからまあ、誰が悪いのかって、なんとも言えないけれども、「余ってしまった」ということに対して、理不尽だと思うとか、怒りを覚えるのであれば、そういう男は、まずは、1人の女を確保しているにもかかわらず、さらに独身女にまで手を出すという既婚男に対し、怒りをぶつけるべきではないのか。
「もう、1人は確保しているんだから、それで満足せい」と。
不倫をする独身女が憎いとか、悪いとか言っても、どっちかと言えば、「余ってしまった男」に対し、「より」責任があるのは、「不倫をする既婚男」のほうでは、ないのだろうか。

鈴木健二の「賢い女の生き方」

「気配りのすすめ」なんていう本を書いたおじさんがいたが、確か、その中に、こういうくだりがあった。
自分が女に生まれていたら、若いうちに、さっさと、適当な相手と結婚をしてしまって、主婦になる、と。
そして、若いうちに育児をやってしまって、早めに終えておけば、そのあと、自分の好きなこともできるし、世の中のために、他人様の役に立つような、なんらかのことができる、と。
女に生まれていない人に、そういうことを言われるのは、微妙な感じなのだが、確かに、一理はある。
それを読んだ当時は、私は、中学生か高校生だったと思うが、そうかもしれないなあ、と思ったのだった。
とっとと結婚して、出産をしておいたほうが、賢い生き方なわけね、みたいな。
確かに、そういう人が増えたほうが、世の中は、よくなるだろうとは、思うよね。
しかしまあ、muragon女子のみなさんとかも、そうだと思うけど、女子の人生というのは、「気配りおじさん」が考えるほどには、簡単には行かないということは、私は、だいぶ後になって、わかったのだった。