脱力日記

脱力おばさんの思い出話やつまらない日常を綴るブログ

白鵬の闇は、深いのか

膿って何


白鵬の九州場所優勝インタビューの件。
↑の記事のようなことを言って、それが品格的に問題があるとして、協会から口頭注意を受けた結果、→決定的瞬間を撮られた白鵬、品格は… - 脱力日記のような「ふくれっ面」となった、わけであった。
その中で、「膿発言」というのが、あったのだが、それがまた、要らぬ憶測を呼び、物議のネタとなっていたということらしい。

番組では白鵬が「膿を出し切って」と話したことについて、スポーツ評論家の玉木正之氏が「日本語をきちんとしゃべれない方が、常とう句のようにして使った」という見解を披露した。

 元大関貴ノ花の妻、おかみさんとして角界に精通する藤田はこれを「違いますね。この方(白鵬)は日本語よくわかっております」と否定。

「日本語をきちんとしゃべれない方が、常とう句のようにして使った」という受け取り方は、最も自然なような気はする。
が、「誓う」という内容として、「真実を話し、」のあとに「膿を出し切って」というのが来るというのは、「意味ありげ」といえば、そうなんだけど。
というか、「貴乃花が怒っていると言われているモンゴル勢どうしの星の回し合い」というのの頂点に、白鵬がいるのだとしたら、膿は、「自分」ということに、なるではないか。
この発言の主旨としては、「自分(やほかのモンゴル力士)が、膿として出ていく」という意味合いでは、ないだろうから、普通に考えれば、八百長のことを言っていたのでは、ないと思う。
または、自分はそれとは関係ないけど、星の回し合いというものは、あるから、その膿を出すという誓い?
そんな誓いは、優勝インタビューでは、有り得ないだろ。
よくわからない。
わからないから、たぶん「日本語をきちんとしゃべれない方が、常とう句のようにして使った」のほうが、当たっているような気はする…けど。
もしかすると、「日本語はよくわかっているけど、常套句として使った」のほうが、近いのかも?
「仲直り」を前提とした「枕詞」のようにして使った、というほうが、近いのでは。

被害者と加害者を同列扱いの違和感

というか、飲み会での血の粛清を受けた側と、それをやった側を、「両方とも復帰させてやりたい」などと、よく平気で言うなあというのが、率直な感想だけど。
被害届を出されて、犯罪として認識されている状態の事件を、「単なる内輪のもめごと」だったかのようにして、「仲良く両方とも土俵に復帰させてやりたい」とか、かなりの違和感は、ある。
それは、白鵬が言うことではなく、被害者側が「いい」と言った場合の話ではないのだろうか。
相撲界の常識では、違うのかもしれないが…。
この時点での白鵬は、とにかく、日馬富士(と、モンゴル互助会)を守ることで、頭がいっぱいだったように見え、だからこそ、後で厳重注意を受けそうだなという予想はしていても、あえてここまで出しゃばった、としか、思えない。
「必死」ぽいし、それは「ケガをさせられた貴ノ岩のことが、心配だから」というふうでは、ほとんどない。
もしも、告発されていたのが、モンゴル人横綱でなかったとしたら、果たして、白鵬は、ここまでしたのだろうかと思うと、そういうふうには、ほとんど思えない。
だったら、白鵬というのは、やっぱり「互助会」の中心メンバーである、ということになるし、「互助会に協力しない貴ノ岩」への粛清の発起人であるとか、少なくとも、責任者のうちの一人だったんじゃないのか、ということになるけど。

止めに入ったのは、白鵬ではない?

さらに、もっとひどい話も、出ている。

止めに入ったのは、白鵬ではなく鶴竜だったけど、序列の関係で、白鵬だったことにした、とか。
本当なのか。
これについては、匿名の事情通からの情報というだけなので、真偽は不明である。
が、もしもそうだとしたら、これは、本当にひどい話で、「真実を話し」と誓った白鵬は、大ウソつきだということになってしまうし、彼を中心としたモンゴル勢というのは、みんな、言いなりになっている、ということになるけど、そんなことって、あるのかな…。