脱力日記

脱力おばさんの思い出話やつまらない日常を綴るブログ

自分のためのブログ

SNS的に使うブログが欲しくなった

検索順位も、アクセス数も、影響力も、何も気にせず、とにかく、「一般人の日常」という、誰も知りたがらないような、どうでもいい内容を書いて、SNS的に使うブログがひとつ欲しいな、と思った。
それがどうしてムラゴンだったのかって、それは、成り行きで。



それならSNSでいいじゃないかって、それだと、タイムラインが流れて行くだけで、自分で過去記事を見返すということができない。
ネット上のものというのは、それでなくても、もともと、「実体がない」という仮想空間である。
そういう中で、発信者のコミットの仕方が、「刹那的」であればあるほど、あらゆるアクションは、その場限りのくしゃみとか咳のようなものと化してしまって、ほとんど意味がない。
これは、あくまでも、自分のためのものだから、自分で見返すことができなければいけない。